Top >  金利を比較する

金利を比較する

円定期預金で比較検討すべき点は金利です。円定期預金に関しては金利は高ければ高いほど条件が良いということになります。しかし実際にはどの都市銀行も地方銀行も、さほど金利の面では変化がないと言うのも事実です。

しかしこのような場合こそさまざまな方向にアンテナを張ってあらゆる銀行の金利を比較検討しなければなりません。特に円定期預金の金利については預け入れる期間によって金利が異なります。当然預け入れ期間が長期に渡れば金利も上がりますが、ここが金利比較の重要なポイントとなります。

例えば円定期預金の1年ものでA銀行がB銀行よりも高い金利となっている場合でも、2年もの、5年もの、10年ものでも必ずA銀行の金利の方が高いということにはならないのです。各金融機関は固有の目玉商品を作る場合があります。このような場合には金利を高くすることで、特定の商品に対する注目度を高めようとするわけです。

また円定期預金の金利では、金融機関は折りにふれて「特別金利」などを設定する場合があります。特別金利というのは通常の円定期預金よりも金利が優遇されているものですが、しかしこうした特別金利は期間が限定されています。1日でも期間を過ぎてしまうと大幅に金利が下がってしまうことがありますので、円定期預金を作るにあたって特別金利を狙って定期を始めようなどと考えているのであれば、こまめにインターネット上の情報などをチェックしなければなりません。