Top >  円定期預金の作り方

円定期預金の作り方

通常の都市銀行や地方銀行などで円定期預金を作る際にはどのようにしたら良いのでしょうか。ここでは各銀行などの窓口に出向いて円定期預金を行う場合を中心にして説明します。

まず円定期預金を組む前に必要となるのは銀行の口座です。近くに希望する銀行の支店などの窓口があればそこに出向いて口座を開くことが可能ですが、最近ではATMコーナーなどの脇に設置されている書類やパンフレットなどを使って口座を開設することも可能です。またインターネットが使える環境であればネットを通じて口座を開くこともできますので、自分が最もやりやすい方法で銀行口座を開設すると良いでしょう。

口座開設は窓口などでは即日開設し、その場で入金することなども可能ですが、パンフレットを郵送しての開設やインターネットからの開設の場合では入金できるようになるまでに数日~1週間程度の日数がかかる場合がありますので円定期預金を急いで作りたい場合などは注意しましょう。

特に問題がない場合には、口座開設すると同時に適当な金額を普通預金の口座に入金します。この普通預金の残高を使用して円定期預金を組むことになります。円定期預金を組む場合は銀行などの窓口まで足を運ぶ必要があると考えている人が多いようですが、現在ではインターネット上やATMの操作によって簡単に円定期預金を作ることができるようになっています。

円定期預金の一般的な期間は、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、3年などさまざまな期間のものがありますが、自分で期間を設定できる「期日指定」と呼ばれる方法もあります。